パニック障害だと就職に不利?

パニック障害だと就職に不利?

パニック障害などの精神的な病に対して、最近では大分理解も深まってきているようですが、やはりまだ、充分には理解されておらず、偏見を持たれることも多いでしょう。
そんな中で就職活動において、自分がパニック障害を持っていることを敢えて言う必要はないのではないかと思います。
企業側は採用する際に、健康診断書を提出させたりしますよね。
もちろん、身体的には問題はないと思いますが、パニック障害を知らない人にはこの病気を理解してもらうのはとても難しいものです。
それに、パニック障害の症状がひどいようなら、就職活動を先延ばしにした方がいいかもしれません。
仮に、就職活動を行って希望した企業に就職出来たとします。
大抵の人は、毎日電車で通勤したりしなくてはいけませんよね?通勤電車でたくさんの人に囲まれ、突然パニック発作を起して途中下車せざるを得なかったりすると、電車に対する恐怖が増してしまいます。
もしくは、仕事中に過呼吸を起してしまい、社内の人に迷惑がかかってしまうなんてことも多々あるのです。
このようなことを繰り返し行っていると、迷惑をかけるつもりではないのに・・・と申し訳ない気持ちでいっぱいになり、さらに不安定な精神状態が続き、症状を悪化させてしまうなんてことも起こるでしょう。
就職したいという気持ちはわかりますが、ここは症状を改善することに専念すべきです。
症状が改善してきたのなら、その時に就職を考えてみてください。

関連ページ

パニック障害でも妊娠出産できる?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。