うつ病とパニック障害との関係性って?

うつ病とパニック障害との関係性って?

パニック障害は、まだまだパニック障害への理解がそこまで社会に広がっていないため、適切な診断や治療を受けることが出来ずに症状が悪化してしまうケースが多いようです。
パニック障害が悪化してしまうと、いつも行き慣れた場所以外に行く時、パニック発作を起してしまうのではないかという不安に襲われます。
またあの場所へ行ったら発作が起こるのではないか・・・あの場所であれをしたら発作が起こるのではないか・・・などと、日常生活を送るにあたって行くことの出来ない場所やすることが出来ないことが増えていってしまうのです。
そのため、家に引きこもりがちになってしまい、そんな自分を情けなく思ったり、社会で生活する上で自信ややる気を喪失してしまい、うつ病へとエスカレートしてしまうことも少なくありません。
パニック障害の後にうつ病を併発するケースも多くみられ、うつ病も併発してしまうと治療には相当長い時間がかかると言われています。
パニック障害かもと疑いがある場合やパニック障害だと診断された場合には、早期治療を行うことをおすすめします。
そして、もし、うつ病を併発してしまったのなら、うつ病から先に治療を行っていくのが一般的です。
実際、うつ病を併発してしまうと気分も沈みがちになるので発作の回数も減り、うつ病を併発していることに気が付かないでいる患者さんも多くいるでしょう。
予めパニック障害だとわかっているのならば、無気力であらゆることに感情を感じなかったり、食欲がなく、不眠に悩まされ始めたら注意が必要です。
パニック障害を大したことないと放っておくと、ゆくゆくはうつ病を併発する可能性があります。
楽しい人生を送るためにも放っておかず、早期治療を行いましょう。

関連ページ

パニック障害と自律神経失調症は関係がある?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。