子供にもパニック障害が起きる可能性がある?

子供にもパニック障害が起きる可能性がある?

20〜30代の男女によく見られると言われているパニック障害ですが、子供にもパニック障害が起きる可能性は充分あるのです。
症状は大人と全く同じで、突然、呼吸困難に陥ったり、動悸が激しくなったり、めまいや吐き気などの症状があらわれます。
過剰なストレスを受けたり、神経伝達物質の異常分泌によってパニック障害が起こります。
例えば、学校などの集団生活において、孤独感や寂しさを感じてしまった時や大事に育てていたペットが亡くなった時、自分の身近な人が亡くなった時にパニック発作が起こるケースが多いようです。
上記のような原因だけでなく、家族関係がパニック障害の大きな要因となることもあります。
勉強を頑張ったのに両親に褒めてもらえなかったなど、自分のことをちゃんと見て欲しい、認めて欲しいという気持ちからパニック障害を引き起こしてしまうこともあるのです。
このような症状が見られる場合には、すぐにお医者さんに相談することをおすすめします。
親が何もわからず、学校に行きたがらない子供を無理矢理通学させて、症状を悪化させてしまうこともよくあるようです。
お医者さんと相談しながら、学校を長い間休むなり、治療方法を考えていくと良いでしょう。
原因が学校などにある場合でも、家族が一緒になって考えてあげる必要があります。
学校と家族が協力して問題を解決していくことこそが、子供のパニック障害を治療するためには一番良い方法ではないでしょうか。

関連ページ

パニック障害が起こる原因とは?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害かどうかを確認するためには?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害診断チェックって?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害で起きる過換気症候群とは?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。