パニック障害が起こる原因とは?

パニック障害が起こる原因とは?

パニック障害が起こる原因について、考えてみたいと思います。
パニック障害とは、病名からも想像できるように、パニックを起こしてしまう病気です。
その症状には、動悸や息苦しさ、冷や汗や頻脈などがありますが、その症状が非常に激しく、もう死ぬのではないかと恐怖を感じてしまうほどです。
そういった恐怖を味わってしまうと、次に起こることを考えるだけでも非常に恐怖を感じてしまいます。
では、そういった症状はなぜ起きるのでしょうか?
まず、考えられているのは、脳の神経伝達物質の機能異常です。
これにより、ちょっとしたことに対し、過敏に反応してしまうと言われています。
ノルアドレナリンやセロトニンといったホルモンのバランスも、パニック障害に大きく関与していると考えられています。
それでは、パニック障害は、性格的な問題とは全く無縁なのでしょうか?
うつ病やその他の心身症では、精神的なストレスが大きな要因と考えられています。
それに対してパニック障害は、ストレスが主な原因であるとは思われていないようです。
しかし、パニック障害を起こしやすい性格というのはあるみたいです。
それは、何事に関しても不安を感じやすい性格の人です。
几帳面であったり、神経質であったり、人の目を気にしすぎるような人はパニック障害を起こしやすいと言われています。
その他にも、過労や不規則な生活、生活環境の著しい変化、カフェインの多量摂取などでもパニック障害を引き起こすと考えられています。

関連ページ

パニック障害かどうかを確認するためには?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害診断チェックって?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害で起きる過換気症候群とは?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
子供にもパニック障害が起きる可能性がある?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。