パニック障害は薬で完治するもの?

パニック障害は薬で完治するもの?

パニック障害は薬で完治するものなのでしょうか?
一般に、パニック障害と診断された場合は、薬物療法が始まります。
パニック障害で使用される薬は、抗不安薬や抗うつ薬です。
しかし、飲んだからといって、即効で治るわけではありません。
抗うつ薬は、効果が現れるまでに2〜3週間かかります。
その間、薬をずっと飲み続けなければなりません。
また、薬には合う合わないがありますから、処方された薬が自分に合っているとは限りません。
パニック障害の場合は、強い不安を感じますから、その不安に対処するために、抗不安薬が併せて出されます。
抗不安薬にも様々な種類があり、短期作用型・中期作用型・長期作用型という風に作用時間が違っています。
抗不安薬は、予期不安や広場恐怖に対する不安を和らげる効果が期待できます。
また、抗不安薬を持っているというだけでも、安心感が得られる場合があるでしょう。
これは患者にとっては、大きな意味があるのです。
薬は医師と相談した上で、症状に合ったものが出されます。
パニック障害は、大抵は一時的な病気ですが、その間を乗り切るためにも、薬物療法は大切です。
ただ、特効薬ではないので、治すための薬ではなく、症状を和らげるための薬であると認識した方が良さそうです。
それに、薬に頼りっぱなしでは、完治したことになりません。

最終的には、薬を服用することなく、パニック障害を克服する必要があります。

関連ページ

パニック障害はどこに相談したら良い?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害になったら病院の何科に通えばいい?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害で用いる薬の種類とは?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害に効果のある漢方薬って?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害はどうやって克服する?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害は呼吸法でよくなる?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害は認知療法でよくなる?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害は鍼灸でよくなる?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。