パニック障害に効果のある漢方薬って?

パニック障害に効果のある漢方薬って?

パニック障害の治療に薬が有効なことは現在では解明されていますが、実は東洋医学による漢方薬の服用もパニック障害には効果的であると言われています。
そもそも、パニック障害という言葉は最近になってよく耳にするようになったため、まるで現代の病気のように感じているかもしれませんが、実は昔からあった病気の一つなのです。
そのため、漢方ではパニック障害は「奔豚気病」と呼ばれていて、治療の対象にもなっています。
また、漢方におけるパニック障害の原因は、気・血・水の流れの滞っていることが主な原因とされていますが、今のところ詳しい原因は明確にはなっていません。
パニック障害に処方される主な漢方薬には、次のようなものがあります。

 

・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
効果は、不安・動悸・不眠・のぼせ・めまい・便秘
・柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
効果は、発汗・微熱・悪寒・身体痛・食欲不振・吐き気
・酸棗仁湯(さんそうにんとう)
効果は、神経過敏
・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
効果は、喉異物感・動悸・めまい・吐き気・食欲不振・自律神経の調節作用
・茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)
効果は、喉異物感・動悸・不安
漢方薬はその人の体質や症状に合わせて処方されるものなので、勝手に服用する漢方薬を判断せずに、まずは専門家に相談するようにしてください。

関連ページ

パニック障害はどこに相談したら良い?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害になったら病院の何科に通えばいい?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害は薬で完治するもの?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害で用いる薬の種類とは?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害はどうやって克服する?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害は呼吸法でよくなる?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害は認知療法でよくなる?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。
パニック障害は鍼灸でよくなる?
パニック障害とはその名の通り、激しいパニック症状を引き起こすものです。動機が激しくなったり恐怖感に襲われたりと、日常生活に支障をきたしてしまう場合も多くあります。パニック障害について知り、克服方法を学びましょう。